シンプルに勝負

日刊コンピ指数とJRA-VAN発表のマイニング指数に オリジナルの要素を加える事によって発生する“雲”を見つけ出し、 そこから予想を導き出すというものです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

PageTop

Platinum Navigation 競馬予想の根幹

Platinum Navigationとして
毎週予想をしているが
その方法を少し記していこうと思う

2015年の夏あたりから本格的にシステム化していったのだが
まずは、日刊コンピ指数を元にあれこれと手を加えて作り上げた

結果としてまずまずの成果はあげることができた
その時のシステムはいつでも再稼働できるようにはしてある。

しかし、日刊コンピだけだと的中の上ブレ下ブレがよくあり
安定しないのも事実

というわけで以降いろいろ考えていた結果
導き出したのは
日刊コンピ指数と
JRAVANが発表しているマイニング指数を
オリジナルにmixしたものに
さらなる改良を加えていくというものだった。

これは2015年の10月ごろから本稼働を始め
11月には大幅プラスを計上することとなった

が、やはりシステム買いというのは好不調が激しく
12月はまさに絶不調になり

馬連
三連複
という予想をしていたが
三連複は、再検討ということにあいなってしまった

そのかわり、裏で検証を重ねていた単複狙いの構築が無事終わり
三連複に変わり登場

2016年の1月は大幅プラスとはいかないが
黒字となっている

その間、馬連も改良を加えており
中穴から大穴を狙うというタイプに変貌させ
惜しい結果が続いたものの
ようやく6点買いで50倍超えをヒットさせることができた

この馬連を狙う方式を
自分では

“雲”と呼んでいる

日刊コンピ、マイニング指数をmixさせたときに現れる
“雲”
これが穴へのキーワードだ

事実
先週も外しはしたが
11人気-14人気で 1-4着と惜しかった
まあ、外れているので言い訳にもならないが
そういう馬もピックアップできるというものだ。

予想例として
先週の日曜日のものをお見せしたいと思う

↓当日予想したもの
0124B.png

↓2016/01/24 京都10Rの “雲”
12-10-03 馬連 5970円 的中

0124K雲
6人-4人 での決着だった ちなみに最下位人気の9は5着

↓2016/01/24 中京08Rの “雲”
12-11-09 馬連 8290円 ハズレ

0124C雲
2着の11は5人気だった
1人気の16を選んだのが悔やまれる。雲であって雲ではないということだった。
京都ほどのきっちりとした“雲”ではなかったので予想をしなくてもよかったのではと後悔




さらには
システムを構築していく上での副産物で
馬連一点買いというのも完成しつつある
これは配当的な妙味はないがかなり精度があると自負している
ワイドを抑えることで更に安定する結果が出ている。

単勝もきっちりとしたものが割り出されています
こちらは名前はありません
単勝の狙いにつきましてはまた機会があればと思います


独りよがりの予想なので
事実もへったくれもないが
買った馬券はなるだけ掲載しているので
今後にも期待してもらいたいですね



ゆくゆくは
メルマガでの予想も十分視野にいれています
無料か有料かはまだ考えておりません

馬券の購入は自己責任です
結果におけるすべての事象については責任は負いません

しかし、少しでも手助けになればと考えております

スポンサーサイト

スポンサーリンク

PageTop

芝からダート替わりはこの産駒を買え!

最近の
思うところ

よく
芝からダートへ替わりの馬
その逆の馬
を狙えというのが
あります

知ってますか?

それに少し注目して
見ていたところ
ちょっと気になったことが

これまた
体感で申し訳ないのですが
ひとつ
買ってもいい条件じゃないのかと
いうのが見つかりました

それは

“ネオユニヴァース産駒の
芝からダートへの替わった時は買え”

です

人気薄であればあるほど
美味しい ということになります

また
脚質は逃げ先行馬がよい
という気もします

体感ですけど

もしそういう馬がいて
いい感じに配当がつきそうならば
複勝から狙ってみたいと思ってます

騙されたと思って
買ってみてくださいな












スポンサーリンク

PageTop

馬券オリ格「配当は後からついてくる」


今週がいよいよ最終週

何のことかというと

春の最終レース馬連
5%相当額上乗せ期間が
終わるということだ

最終レースは「馬連」がおトクなのも
いよいよ
4/5まで

三連単もいいけれど
最終レースは
ぜひ馬連を買ってもらいたい

この春の馬連
配当アップが始まった
2/28から

最高の上乗せ額は
1890円
少ない時で
40円だった

まあ、正直なところ
自分の中のオリジナル格言では

「配当は後からついてくる」
というものがあるので
そこまで意識はしていないが
配当が増えるなら買うべきだろう

さっきの
「配当は後からついてくる」
という格言

どういうことかと言うと
配当を意識して
馬券を買っても仕方ないのではないか
という考えから導き出したものだ

迷った時に
どうしても
配当の高い方とか買いがちになってしまう
ことが多く
しかも
そういう時に限って
買わなかった方がくるものだ

つまり
配当よりも
予想に重きを置いて
考えろということだ

当たり前のことっちゃ
当たり前のことではあるかw

いづれにしても
当たってなんぼだ






スポンサーリンク

PageTop

わかっちゃいるけど…馬券あれこれ

無料で大川慶次郎予想情報
今すぐお試しモニター!




わかっちゃいけるけど
仕方が無い
馬券の買い方

誰もが知っている
普通は当たり馬券は1つ

それなのに
当てる為に
5点とか買う
いや
買ってしまう心理というべきか

例えば
20倍の当たりを5点で獲った場合
4.0倍を一点で獲ったのと同じ

ということになる

20倍の馬券と
4.0倍の馬券
どちらが来る確率が高いか
となると
当然
4.0倍ということになる

全て一点で獲れれば
これほどいいことはない

10点も買っての当たりだと
万馬券を獲ったとしても
1000円を一点で獲ったということと同じ
なので

ボックス買いをする場合は
10万馬券とかを狙うときだけにすべきだと思う

まあ、実際には
そういうことはできないので

三連複で万馬券を獲って
1000円→10000円 でプラス9000円となる
ことに喜びを感じる
なんか
いい具合にJRAの術中にはまっている感ありあり

わかってはいるけれでも
的中率を上げるためには仕方ないのか

そうなると
こつこつと当たりを積み上げながら
プラスを増やしていくということになる

1000円買って1800円とかでプラス800円
とか最もな例だな

10倍を一点買いの場合は
10回一回当たればプラスなのだが

そういう考え方ができるかどうか
ということになる

悩ましいところだ




スポンサーリンク

PageTop

競馬格言「まだはもう」「もうはまだ」





競馬格言
「まだはもう」「もうはまだ」

このふたつの格言ご存知だろうか

今の若い人は聞いた事がないかもしれない

以前はよく言われたことで

簡単に言うと
調教師の言葉に対する
感覚的なものから
自分の中へ問う言葉である

「まだはもう」

調教師の言葉というのは
よく休み明けで
「まだまだ、一度使ってから」
という記事を見た事がないだろうか

実際馬体重は+12kgとか+22kgで
まあ、買えないよね
っていう馬だ

だけど
こういう馬が
激走する というのを
よくみた覚えないですか?

自分はそういう経験があるので
プラス体重はできるだけ
気にしないように心がけていますw

つまり、調教師が「まだまだ…」というのは
“もう来るかもしれない”と思って良いという格言

「もうはまだ」
これはまさに逆で
休み明け8人気で4着あたりに好走した
次レース
「もう、走りごろ」っていう感じのコメント

これも聞いた事ありますよね〜

で結果
3人気あたりに推されても5着

これもよくある光景

鵜呑みにしてはだめよ〜だめだめ

あと最近気になるコメント
「今度は走ってもらわないと困る」
「今回は勝ち負け」
「勝ってもらわないと…」

このコメント

危険

特に人気馬でのコメントであればあるほど
危険度が高いと思う

逆に
人気薄で
「今回はおもしろい」とかいうとチャンスかも??






スポンサーリンク

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。